誰にも言えないワキガの悩み

コッソリ解決

↓↓今なら全額返金保障付き↓↓

ワキガ手術に行く前にクリアネオ

私のワキガ対策体験談集

30代女性
皮膚科で薬を処方してもらうのが一番です。すぐに効果がでました。わきがサラサラだ!次に腋毛の処理はこまめにする事。生えてるのと生えてないのでは全然違う。生えてるわきは臭い。焼きミョウバンを溶かして、さらに何倍にも薄めた水を体に振りかける。制汗作用があります。効果てきめんです。次に清潔にしたわきにオロナインH軟膏を塗ります。オロナインは皮膚科の敵の如く、皮膚病に関しては最強の市販薬だと思います。痔に塗ってもOKです。話がそれましたね。あとは肉を多く食べない。不摂生をしない。運動は適度にするが清潔は保つ。←耳垢がドロドロからカサカサになった。結果としては体質改善がにおいを抑えるのかなと思いました。

20代女性
汗をこまめに拭く→若干効果があったような気がします。が、服に匂いが染みついているとあまり意味が無かったような気もしました。制汗スプレーを使う→一時しのぎ的には効果があったように思います。こまめに服を着替える→かなり効果はありましたが、こまめに服を変えるのはやはり大変でした…。すぐ断念。シャワーをマメに浴びる→これも服を着替えると同じで大変なので続けれません…。デオナチュレ(ソフトストーンタイプ)を使う→これが一番効果がありました。前日夜、寝る前にぬっておくだけで日中一切気にならなくなりました。手間もかからないのでお勧めです。

30代女性
入浴の時は、なるべく湯船にながく浸かり多くの汗を出すようにしている。身体を洗う際にはデオドラント系のボディーソープを使用している。(デオウがオススメ)お風呂から出た際もワキをしっかり乾かしてなるべく汗をかかないようにしている。外出時には、ワキに直接塗るクスリをつけて外出している。スプレータイプなどもいろいろ試したがなかなか自分には合わずにどうしようかと悩んでいたところストーンタイプのワキに直接塗るクスリを見つけ試しに使用してみたところ、いままで気になっていた匂いがウソのように消えたので現在もこれを愛用している。

30代女性
対策としては、制汗剤の塗布と、汗をかいたら制汗シートでこまめに皮膚の汚れを拭き取る事です。毎日お風呂に入って、汗を流し、老廃物をためないようにしています。外出時にはボディパウダーを皮膚に叩いて周りの人に汗をかいても不快感を与えないようにしています。洋服も脇には汗ジミをとるハイターをつけて、香りや消臭力のある柔軟剤を使用して洗濯をします。普段から不快感を与えない程度の香りを身につけていたり、こまめに着替えて汗に対して気をつけていると、周囲の人に清潔感を重視して生活をしている印象を与えますので、あまりワキガだとダイレクトに思われたりはしないようです。人によっては、潔癖症と思われたりして神経質だと疎まれることもあります。しかし、ワキガと言われるよりマシなのでニオイ対策を頑張っています。

40代女性
ワキガとまではいかないかもしれないんですが、汗かきで洋服はすぐ汗臭くなります。制汗スプレーやパウダーシートなどを利用していますが、根本的な汗の臭いを取ることができません。夏はタンクトップにふわっとしたカーディガンなどを着て、直接脇に生地がつなかないように工夫しています。わき毛もあまり長くしないよう小まめに剃っています。制汗ローションはかなり効果があるのですが、これを使うことによりイボが増えてしまったのです。また、毛抜でのわき毛処理もイボを増やす原因になりました。今は剃るのが一番いいのかなと思っています。

30代女性
軽度なのですが、匂いが気になります。朝起きたらシャワーをして、固形石鹸でゴシゴシ洗います。その後、ナチュレストーンと言う、制汗剤を付けます。脇に直接塗るタイプです。柔らかい石鹸のような感じです。少し時間を置いて乾いたら、普通に服を着ます。その後スプレータイプの制汗剤を付けます。出掛け先で汗をかいて臭いが気になったら、ウェットタイプの制汗剤シートで拭いて、また同じようにケアします。面倒な作業ですが、これでいくらか臭いが気にならなくなります。また、綿の服を着ると汗をかいても臭いにくいです。ポリエステルなど化せんはやめたほうが良いです。

10代女性
臭うので汗をかいたりしたら、汗ふきシートなどでこまめに拭いて出来るだけ違う匂いで、臭いをかき消し、ごまかしたり、風呂の時に念入りに洗ったりしているけれど、汗をかくと特に自分が臭いと感じます。なかなか移動時間とかで汗ふきシートで拭けない時は、自分が猛烈に臭いと思い、周りにどう思われているのか、もしかして、臭っているのではないかと、気になって仕方が無いです...それを毎日いくら汗拭きシートで拭いても結果的に臭いは消えず、元に戻るので、臭いは少しマシになるけれども、本当のところあまり変わりませんでした。

30代女性
以前は、エージープラスのパウダースプレーを使用していた。制汗スプレーの中でも比較的臭いが抑えられる。また、同じくエージープラスのシートタイプのものを常に持ち歩き、汗をかいたときにはトイレなどでマメに拭くようにしていた。一時期、臭いケア用の泡パックタイプのものを通販で購入してお風呂の時にパックしていたことがあり、それもある程度の効果は見られたが、結婚して子供ができるとお風呂でのんびりパックをしている時間など到底取れない。そのようなわけで、現在はロールオンタイプのものを使用している。スプレーよりも効果があるように思う。朝に1度塗ると、それで1日中臭いを気にすることなく過ごすことができている。もちろん、汗をかいたときにマメに拭くということは欠かさずにやっていることが前提だが。

40代女性
四季は問わず、汗をかくとニオイがとても気になります。私の場合「ワキガ」と「多汗症」を両方持ち合わせていて特にケアには気を遣っています。まず朝は必ずシャワーを浴び、夜は湯船に浸かりなるべく汗をかくようにしています。汗腺を活発にして、さらさらの汗をかけるようになると良い、と聞き毎日実践しています。日中は制汗剤とデオドラントシートを必ず使い汗をかいたと感じたらなるべく早く対応します。 あと、1日着た肌着やTシャツは必ず衣類用漂白剤を使用します。特に汗をかいた日に着用していた物のわきの下の部分には直接衣類用漂白剤をつけてから選択をするようにしています。これによって、自分では相手や周りに不快な思いをさせてないだろう…と思っています。仲の良い友達に確認しても「全然大丈夫」と言ってもらえるので今後も継続をしていこうと思っています。

20代女性
わたしは非常に多汗症というか暑がりというか・・・毎回わきから異常なにおいがでてしまいます。今まで様々なワキガ対策をしてきましたが、一番効果があったなと感じたのは、こまめ汗ふきシートで汗をふきとること。これはこまめにやってないと意味がないので、非常に面倒なのですが、汗をかいたまま制汗スプレーやローラーを使用しても逆に効果が薄れるので一番効果的だと思いました。Agや84などの制汗スプレーは汗をかくまでは有効ですが、外出して汗をかけばまたかけ直しと、非常に面倒で仕方ないです。みょうばんスプレーやせっけんなども試してみましたが、石鹸は数回洗うだけで効果が薄れすぐにおじゃんに。スプレーは制汗スプレー同様、汗をかくまでは非常に有効ですが、外出後数時間もすれば元通りになります。

20代女性
こまめにワキの毛を抜き、メンソレータムのリフレアデオドラントジェルタイプを毛を抜いた夜、翌日の朝晩に塗るようにした!ワキの毛を抜いた2日間くらいはケアが必要であり、伸ばしすぎているとワキの汗の匂いがひどくなることが自分の特徴です。お風呂に入った時にワキ毛の伸び具合を確認し、3日に1回は、毛ぬきで抜いている。お風呂に入った時、毛穴が広がっている時に抜くようにしている。また、カミソリで剃るのではなく、毛ぬきで抜いた方が臭いがしないと思う。中途半端に毛を残すとワキに汗をかいた時に異臭がする。いつワキの臭いが気になるかわからないので、汗拭きシートとメンソレータムのリフレアジェルタイプは持ち歩いている。

30代女性
私は遺伝的ワキガ体質のために若い頃から対策をしています。その一つ目がわきが専用のクリームを塗布する習慣です。私の場合毎朝着替えの際と、場合によっては日中汗をかいてニオイが気になる際にクリームを塗布。二つ目は脇汗をかきやすい脇を締め付けるような服を着ないことと、防臭効果の高い下着の着用です。これにプラスで毎日入浴の際にはわきの下を丁寧に洗うように心掛けています。何も対策しなかった頃には自身でも汗をかくとワキガ特有の嫌なニオイが鼻についていましたが、これらの対策を意識的に日常生活に取り込むようになってからは、ワキガを気にせずに一日快適に過ごせるようになりました。

30代女性
思春期ごろから自分のにおいが気になりだし、スプレータイプやロールオンタイプの制汗剤をたくさん試しました。芳香つきのスプレータイプは、においでにおいを隠しているようで、においが混ざって自分でもはっきりとくさく感じたのでやめました。また、芳香なしの抗菌効果があるスプレータイプも、塗布しても全体的に薬剤がついているように感じず、あまり効果が感じられませんでした。ロールオンタイプは、汗で成分が流れてしまうようで、私には効果がありませんでした。そんな中で出会ったのが、デオナチュレ ソフトストーンWというスティックタイプの制汗剤でした。脇に直接塗布するので、脇全体に薬剤がつき、朝つければ丸一日においとは無縁の生活を送れるようになりました。スプレータイプ等に比べると価格は高いのですが、一度に使う量がそこまで多くないので、コストパフォーマンスは優秀だと思います。

30代女性
病院を受診してワキガと診断されたわけではないのですが、左脇だけ汗をかくとニオイが気になるので、個人的にそう判断して対処しています。やはり病院に行って…となると、恥ずかしくて行く勇気が出ません。対策法は、市販の消臭クリームを必ずお風呂上がりと朝に塗っています。なんとかそれでしのいでいますが、やはり夏場など汗をたくさんかく時期になると、消臭スプレーも常に持ち歩くようにしています。持っていないと不安になるので、お守りのような感覚です。自分が気にならなくても、周りには匂っていたりしないかが心配になります。

20代女性
ワキガといってもキョーレツなやつではないので、デオドラントスプレーやクリームで防いでいます。結果、使っていれば大丈夫です。冬でもちょっと汗をかくと臭うので、一年中スプレーはかかせないです。ただ、スプレーは便利だけど汗でとれてしまっている気がします。クリームタイプの強力なやつだと安心です。もしかしたら、自分の臭いに過敏になりすぎなのかもしれないのですが臭ったら非常に恥ずかしいと思うのでとても気をつけています。年齢を重ねて臭いがキツくなってきたような気もするし…それももしかしたら、気のせいなのかもしれませんが。。

40代女性
汗をかくことが多い時期や力仕事などの汗をたくさん書いてもすぐに吹くことができないような仕事をしているときかいて仕事をしているときは、臭いがとても気になります。消臭のために何かの香りに頼ると、その香りまでもが合わさって、悪臭に変わってしまう感じがします。もともと強い香りは苦手なので、消臭無香で臭いを無くそうとしても、自分の臭いがとても気になることには変わりがありません。脇の臭いが気になるときには、脇に白いもやもやするものがあることがあります。何かの菌の影響なのでしょうか。そのもやもやしているもの自体が強烈なにおいをしています。

30代男性
右の脇下だけ臭いです、右は臭くないです。右だけTシャツの色が黄色くなります。対策として毎朝、シャワーをあびました。よく風呂に入るようにしました。臭い消し?あれを買ってきてしてますが消えません。自分自身何か臭うと思ってまさか自分だとは思いませんでした。残念です。ちなみに姉もワキガでした。姉は全身そうだったので脇の下を手術して直したようです。なので姉は臭うことがなくなりました。私はまだ右の脇だけなので手術しないで臭いけしや風呂によく入るようにして対処してます。ちなみに足の裏もくさいです。なぜかベトベトして靴下が黄色くきばんでしまいます。ものすごく臭い。

40代男性
対策として以前はボディシートを用いて汗をかいたら拭いたり制汗スプレーも使っていましたが一時的な効果でした。数年前から”よく効く”と言われている市販の制汗剤をいろいろ試しました。銀が配合されているスプレー(Ag+)や塗るタイプ(デオクリスタル)も効果がありましたが、その中でも自分に一番効いたのが「レセナドライシールドパウダースプレー」です。夜風呂上りにスプレーすると朝起きた時に腋の臭いがしませんし、朝出かける前にスプレーしたら夜お風呂に入るまで臭くありません。昼間どんなに激しいスポーツをして汗だくになっても臭いません。スプレーなので便利ですし今ではこれだけを毎日使っています。たまに休日で出かけない日に付けない事もありますが、その時はつけてないのがはっきりと分かる位効果があります。

40代男性
私は汗っかきなのと毛深いのとでワキガに限らず自分のにおいがとても気になります。以前は職場と自宅が近かったために、昼休みに自宅に帰るなどして一日に2~3回はシャワーを浴びていました。しかし夏場などは1時間もしないうちに汗でまたにおいが気になるようになってしまいました。汗をかくことを控えることはできないので、夏の間は毛をそるようにし、またシャツなどもレノアなど消臭効果のある柔軟剤を使用。他には制汗剤を常に持ち歩くようにしました。色々と試した結果多少和らいだように思います。私の場合特に効果があったのは毛をそることと、洗濯時の柔軟剤でした。夏場は特にわきから胸、お腹周りの毛をそるようにしています。

40代男性
まず臭いが外にもれないように、下着に自家製の脇パットを縫い付けました。生地はタオル地でそれなりに汗を吸う厚さです。それによりよほど大汗をかかない限り、上のシャツに汗が滲み出ることはなくなりました。臭いもだいぶ軽減されたと思います。さらにネットで調べたミョウバン水を脇にスプレーする習慣をつけました。その結果、汗の量も以前より抑えられ臭いも軽減したと思います。自分で嗅いだものしか確認できないので、他人がどう感じているかはよくわかりません。でも確実に以前よりは自分の中で楽にはなりました。ちなみに冬場は脇パットシャツ1枚だけで足りますが、夏場は必ず着替えを2着ほど用意して外出します。